Twitter 相互フォローに何の得がある?

Twitter

相互フォローに何の得がある?

たとえフォロワー数が多くても

自分のツイートに共感して得たフォロワーでなければ

意味がない

ただの数字あそび・・・

いいねもリツイートも

ほぼ得られることはない

なのに、相互フォローに何の得があるのだ!?

 

フォロワー数の重要性とは

Twitterにおいて、フォロワー数はツイートを発信しているツイッタラーにとって

人気のバロメーターなのである。

フォロワー数が多い人はそれなりの影響力があるとみられやすい。

見かけはそのとおり。

しかし、よくよく調査をしていくとリツイートされている数がフォロワー数の割に少なく感じられたり、

いいねも大してカウントされていなかったりと、

あれ?あれ?

って思うかたもいらっしゃる。

実はわたしもそのひとりなのである。

 

一度はクリーンにしたTwitter

数年前ラインクリエイターズスタンプが流行した。

わたしもその波に乗って

少し売れた。

その際にTwitterを活用していたのだが

フォロワー数を増やそうとやっきになり、

片っ端からラインスタンプのクリエイターをフォローした。

他のクリエイターも同じような考え方をしている人がたくさんいて

結果、フォロワーのほとんどがラインスタンプクリエイターだった

Twitterのタイムラインにはクリエイターの作ったスタンプの情報が入り乱れ、

クリエイターの輪の中でラインスタンプの宣伝が回っていた。

各々のクリエイターはスタンプを売ることに必死になっていたが

自分のつくったスタンプを本当に知ってほしい方々にはなかなかみていただけなかったのである。

そういった失敗から、わたしはフォロワーをすべて0にして

再スタートをきったのである。

 

一度体に染み付いた感覚は、また過ちを繰り返した

0からのスタート

それは新しい挑戦のはじまりである

新鮮な気持ちにかえり、さあやるぞという思いもつかの間

フォロワーが増えない不安のほうが先にでる

それまで1000人を超えていたフォロワー数が一気に0になるのだ

0がまたすぐ1000になるなんて

インフルエンサーでもないかぎり、ありえない

フォロワーってなかなか増えないものなんだなあ

あらためて思い知る

そしてまた

禁断の果実を手にとってしまった

相互フォロー募集者を片っ端からフォロー、フォロー、フォロー

気がつけば

あれよあれよとフォロワーが増えていた

あっという間にフォロワー数は1000 OVER

おおー増えた増えたという心の安心感と

本当にこれで良かったのか?

という葛藤

しばらくこの状態でツイッター発信を続けてみるが

反応はほぼない

よくよく自分のフォローしたアカウントを見てみると

相互 相互 相互 ・・・

自分をフォローしているフォロワーアカウントにも

相互 相互 相互 ・・・

当たり前のことだが

自分の発信に興味を持ってフォローをしてくれているわけではない

 

決断のとき

もう一度やりなおそうとかんがえた

申し訳ないけれどフォローをどんどん解除していく

もちろんわたしのフォロワー数も日に日に減っていく

それはあたりまえ

1000を超えていたフォロワー数は

その半分の500を切りました

それが本当のわたし

これでもまだわたしをフォローしてくださっている

アカウント数は多すぎると思います

もういちど

Twitterというツールでチャレンジしていく決意をもって

前進あるのみです

 

 

 

 

 

 

コメント