住宅ローン金利を引き下げても借り換えのメリットは月1000円+αでした

お金

シミュレーション結果は、支払い月額マイナス1000円

ネット銀行の住宅ローン金利は

実際に店舗を持たなくて良いため

ローン金利は低めです。

 

私の借り入れた金利は 変動金利 年0.7%でした。

ネット銀行では0.38%で借りられるということで

シミュレーションをしてみました。

 

あと残り概ね24年(ながいなー)

を金利は現在の借り入れ銀行、ネット銀行もそれぞれ変わらなかったという前提での計算です。

 

結果はトータルで30万円程安くなり、月額の支払額は1000円安くなるということです

 

チリツモなのでもちろんお得にはなりますが月額1,000円とは微妙なものです

 

団体信用保険にはガンの特約が無料で付けられるものも

+αとしては

団体信用保険にガンの保証が無料でつくものもあります。

女性限定の銀行もあるし

そうでないところもあります

年齢制限があるところもあります。

 

借り換えには諸費用が必要になるため、たとえ利率が低くても借入額は借りたい金額よりも増えます

今借りている銀行の返済総額分だけを

金利の低い銀行から借りたいとしても、

新たに借りる銀行の諸費用が必要になります。

諸費用は事務手数料保証料にわかれていて、

保証料0円と書いてある銀行でも事務手数料はかかります。

諸経費については

事務手数料と保険料をあわせた金額がどれくらいになるのか

をよく考えて

団信の内容もあわせて

銀行選びをしたほうが良いですね。

 

 

 

コメント