中古エレキギターを買うときに試奏したほうがいい理由

Uncategorized

単音でいいから、いろいろ押さえて音を鳴らしてみるべき

私はお財布事情により中古品のエレキギターを購入しました

そのときに試奏はしませんでした。

それはなぜか?

ギター初心者なのでギターをうまく弾く自信がなく

はずかしい思いをしたくなかったから

です。

しかし、よくかんがえたら試奏は曲を弾く必要はありません

単音でもいいから

そのギターの音色を聞いたほうが絶対に良いです

その理由を記します。

 

弾いた音色にビビリ音が出るかもしれません

 

見た目に惚れて購入しましたが、

弾いていて音にビビリ音が混じっていることに気が付きました

よーくみると

フレットピンがピンポイントで減っている箇所がありました

コードを押さえたときにビビリ音が聞こえるのですが

単に私の技量の低さだけだと思っていましたが

単音で上の画像の星マークの箇所を抑えたときに

ビビリ音が聞こえることに気づきました。

これはアンプを使用しなくても分かります

 

そして楽器店に持ち込んだのです

購入したお店ではありませんが地元の楽器店に相談してみました。

店主さんは快く相談にのってくださって修理にだすことになったのです。

修理の専門の方に委託するということでエレキギターを預かっていただくことになりました。

セカンドギターは持っておいたほうが良い

修理に出してどうでしょうか手元に戻ってくるまで2ヶ月くらいかかりました。

修理に出すお店によってかかる期間はちがうでしょうが、ギターを毎日弾きたい方にとってはもう1台ギターはあったほうが絶対にいいです。

1つのギターを大事にしたい思いはとても良いことです。

しかし弾きたいのに弾けない日がつづくのは苦痛ですよね。

 

ビビリ音の原因は意外でした

わたしはフレットピンの減りが原因だと思っていました。

フレットピンの交換費用は結構かかるものだと覚悟していたのです。

楽器店の店長さんからの電話で聞いた言葉は予想外で、

弦高調整だけで大丈夫とのことでした。

かかった修理代は5,000円ほど

 

いやあ、もっとかかるかと思ったよー。

よかった。

 

おわりに

中古ギターは好みのカラー、デザイン、仕様がハマると

他にはない魅力がつまっていてどうしても欲しくなることがありますよね。

でもあわてずによーく考えて、お店の方にもコンディションなどを聞いてみて選んでくださいね。

コメント